私(金子)も中村も、それぞれ人生のターニングポイントには小笠原を訪れました。(その後、私は八丈島に住むことに・・・)

竹芝桟橋から船で24時間以上かかる世界遺産の島、東京都小笠原村。

島では都会より、毎日の天気がもっと身近な存在で、

「夕日を見にいこう〜」という時間が日常の中にありました。

そこで見た太陽の輝きと見事な月の入りは、

ああ、私たちはこの地球に生かされているかけがえない存在なんだ、と教えてくれました。

都会では他の明かりがあって気がつかなかったけど、
夜になると、月明かりが眩しいほど明るいことに驚きました。

新月の夜は本当に暗くて、満点の星空に包まれました。

そうか、他の明かりの影響で、本当はそこあるのに、見えていないだけということがあるのか。

見えていないだけで、そんなことって他にもたくさんありそうだな〜と思いました。


大自然に触れた時の

「ああ、そうだ〜そうだった〜」

という’あの気持ち’。

 

何だかスッと自分を整えることができる感覚。

「そういうの、いつでも忘れずにいたいよねー」

と話し合いながら生まれたデザインです。