税込22,000円以上で送料無料

大量なのがミソ

週末、千葉県の多古町でミソを仕込んできました!
農家さんの底力ハンパないです。

おばあちゃんから赤ちゃんまで、
みんなで麹と塩を混ぜるところから。
ゆであがった大量のダイズ投入。
どこで茹でてるのかなー?(茹でてる気配ないぞ?!)
と思ってたら、ゆであがった大量の大豆が運ばれてきました。
地元の納豆屋さんが茹でてくれてた!
これ、なんと300キロ(!)
このボリュームは都会じゃなかなか味わえない。
しかもはじめての試みなのに!!

普通のテンションで攻めてます。さすがです。

ところで、あれ?
黒大豆って聞いていたんだけど、黒くない。

農家さん「これ、宮城の大豆だから」
中村「あ、そうなんですね!黒大豆なのかと思ってましたー」
農家さん「黒大豆はまーだ畑。35000円もかけてやったのに手まわんなくってさ」
だそうです笑。

そして庭ではここのお米をつかっているおせんべいやさんが
炭火で煎餅焼いてくれてる。
農家さんのコネクション総動員。

混ぜ合わさった時点で既においしい。
(みんなでちょっとつまみ食い)

泥だらけならぬ、全身ミソだらけになりながら仕込みました。

その後はみんなでお昼。
麦とろろご飯、焼きそば、たこ焼き、汁物に焼き肉。
そして例のせんべい^^
大家族のようなテキトウさと気安さ。なんか懐かしいこの感じ。

ほんとーーーに楽しかった。
一年後の完成も楽しみです。



中村 寛子

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。