9店舗展開の裏話〜ハンカチの底力〜

こんにちは!アマングの金子です。

上半期を駆け抜けて、結婚して、
タイに行って(アマング研修旅行♪)、
風邪ひいて、長引いて、今ここです 笑

皆さまお元気ですか?(^^)


【伊勢丹三越グループ、彩り祭】
で各地の百貨店で同時販売して頂けることになりました!
え!そんなことってあるの?

8/21〜9/10までの三週間です。
場所は婦人雑貨売場、ハンカチ売場の周辺です。

AMONGのアイテム

【伊勢丹立川店】※8/21〜27 アマングの専属スタッフおります。
金子と中村もタイミングで店頭におります!
8/21〜27立川店はストールなどご用意しています。
【伊勢丹浦和店】
【伊勢丹静岡店】
【札幌三越】
【仙台三越】
〈取り扱いアイテム〉新型のバッグ、ポーチ、ハンカチ

AMONGのトート

新型バッグはSサイズとMサイズの間をつくりました。

【伊勢丹相模原店】
【新潟伊勢丹】
【伊勢丹府中店】
【高松三越】
〈取り扱いアイテム〉ポーチ、ハンカチ ※バッグの販売はありません。


同時に9店舗の百貨店で、
アマングの商品が一部ではありますがご覧頂けます!
なんか不思議〜!!
ありがたや〜こんな未来が来るなんて想像してなかった、、、

こうなるまでの流れが面白かったので書いておきますね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時折、【アマング】とは、
どんなブランドなのか?どのようにしていきたいのか?
と問いかけています。

やっぱりやりながら変化するから、
その都度、軌道修正が必要なわけです。


アマングをはじめた5年前とは、もう私も中村も変化している。
それに伴ってアマングが変化していくのも当然のこと。


以前の私は、
「変化しちゃっていいの?」
「最初に決めたこと、貫かなくていいの?」みたいな気持ちがあって、
変化することに抵抗があった。(なんの刷り込みだよー 笑)


一方、中村は私から見たら、
「そりゃー生きてるんだから変化して当然でしょ!」と思っていて、


私も次第にそれに慣れていった。
一緒にいる人の思考は影響大である。

どう考えても変化するにきまってるじゃんね

AMONGのストール

関係無いけどホワイトタイガー

 

いつも選択の連続で、正解がない分、決め手が難しい。

あるとしたら、「やりたいようにやる」
のがきっと正解なんだけど、笑

経験を重ねると、

「こうだったらいいだろう」
「こうすれば売れるだろう」

みたいな考えがいつもよぎってくる。

それも大事だけど、気をつけないと、
すんごいつまんないものになっていく。
うぅつまらん。

バランスをとりながら、
あえてチャレンジを続けるってのがミソなのか?
矛盾してるか。


で、ハンカチはご存じの方もいらっしゃるように
ベースがアマングのファーストコレクション、
セカンドコレクションのストールの柄がほとんどなのです。
アマング初期のものってことです。

AMONGのハンカチ

海のハンカチ 御蔵島



製法も手捺染(てなっせん)という型染めではなく、
インクジェット製法といって、機械で染めていきます。

お家にあるような紙のプリンターの巨大版をイメージしてもらうといいと思います。

型がないので、カラフルな多色刷りに向いています。
機械で染めているといっても、同じ横浜の工場で、
専属の職人さんがいて丁寧に染められています。

だから、ストールとはちょっと雰囲気ちがうな〜と思った方は正解で、
そもそも染め方もデザインの仕方も違うのです。



それで、手捺染のストールやバッグが商品の大半になった今、
インクジェット製法の雰囲気はちょっと違うかもなぁ〜と思って、
売り切りにして終わりにしちゃおっかーと中村と話していた。

こちらは手捺染

 

しかし、まだ在庫があるので、
それを売り切ってしまいたいなーということを、
重松さん(IDEC 横浜企業経営支援団体)に話した。

重松さん
「これはハンカチなんだけど、
綿のスカーフとして首にも巻いてもかわいいですよ!
って感じで推してみよう。
スカーフと思えば2000円は安いから。」と言ってもらい、

中村、金子
「はーい!写真入りのPOPつくりまーす。
次は伊勢丹浦和店だから、その時に試してみますー!」

AMONGのハンカチ

こんな感じの巻き方popを作ってご提案


私たちのいいところは、
良いと思ったことは受け入れ、
「すぐやる課」であるところ 笑

とりあえずやってみて、
それから反応見て考えよう〜とできるところが強みですね。
自分で自分の強み言ってみるのおすすめです。
1人だとやりづらいかなぁ、、、


そんな私たちにご褒美か!?

なんと伊勢丹浦和店の搬入当日、


売場が急に拡大した 笑

AMONGのアイテム

えっ 広いんだけど!
byヒロコ氏(中村)



いつも商品パンパンで全部並べきれないのに、
むしろハンカチも広げないと売場が埋まらないくらい!

ハンカチがこんなに広げて見せられたのは初めてだった。
販売終了になる!と焦ったハンカチたちが必死に底力を見せてきたのだ 笑


「もうこの柿の木は実がならないから切っちゃうぞ〜」

というと慌てて実をつけるみたいな話となんか似ている。笑

そして売場で巻き方提案も含めてよく見せられたので過去最高にハンカチが売れた。
売場での見せ方は本当に大事である。


で、それを見ていたバイヤーさんが、
ハンカチ売場に新風を吹かせたいとのことで、
8/21〜秋の立ち上がり企画「彩り祭」で、
伊勢丹三越の9店舗でお取り扱い頂けることになったのだ。

ありがたーい!!重松作戦大成功!!

しかーし!
ここでぬか喜びしてはいけない。
(経験を感じますなー)

何故なら在庫を持つのは私たちだからだ。笑
リアルでおもしろいでしょ♪

それなりの数を最初に仕入れるのはメーカー(ここではアマング)だ。
先に注文をもらって買取の場合は別だけど、
今回は売れなかったら戻ってくる委託。
博打だよね!

売れる努力はするけど、売れる保証はない。
すごいよね!商売って。

誰かが「これはいい!」
と思って商品化されたモノが世の中にはたくさんある。
そこには見えないけど、
誰かの時間とエネルギーがたくさん詰まってる。
それを私たちは選びたい放題の日々。
選ぶ楽しみをありがとう。
選べるって幸せなことだ。

さて、今日のあなたは何を選びますか?(^^)

あ、というわけでハンカチしばらく続けてみます!笑
ありがとうハンカチ!

今日もよい一日を〜


AMONG 金子桃子

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。