ゼロをイチにする時のポイント

こんにちはアマングの金子です。

AMONGのトート

チームラボ、アートミュージアムのチケットを
頂いたので行ってきました(^^)
マンガみたい 笑
M様ありがとうございました!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日は昔の仕事仲間の山ちゃん
とアマング2人で久しぶりにお茶ミーティングをした。

山口博久さん(やまちゃん)
ミュージシャンでありヴィーガンの料理人。
かっこよくて優しい頼れる兄貴的存在。


※注
山ちゃんは既婚者で、激かわいくてステキな奥様がいます♪
私たちは「世界のやまちゃん」としてキャーキャー言いたいだけ。
会えば言ってる意味がすぐに分かるよ(^^)
奥様〜!ぜひ今度はご一緒に♪


なんで三人で会ったかというと、
山ちゃんが独立して、これから自分の道を歩みたいのだけど、
色々迷ってるという話だったので、じゃあとりあえずお茶でもとなった。

もうレストランで一緒に仕事していたのは遥か昔だけど、
今でも会えるような関係が続いているのはとても嬉しい。

最近の私たちは、
ゼロからイチにするスタートの段階ではないけど、
感覚的にサンがヨンになるくらいの段階で、
これからどういう風にアマングを展開していけばいいか悩んでいる。

悩むといっても私たちの悩み方は、
ライトでポップで暗くなりにくいのでご心配なく!笑
でも確実に停滞感があった。

AMONGのトート

こうみえて停滞中の人(中村)

未知なる道を進んで行くとき
(これは誰しも一緒ですよね)
正解がないもんだから、悩みますよね〜

「私の人生はこれでいいのか?」

サラリーマン時代に比べたら、
やらされてる感は一個もないから、
もやっとすることはもちろん激減したけど、
この問いはいつもそばにある。

もちろんどれを選んでも良いし、何が間違いという話でもない。


「結局、自分はどうしたいのか?」

AMONGのカチューム

こう見えて停滞中の人、その2(金子)


この問いはいつも心の奥にずっとにある。

でも、忙しくしてるとそれに気づかないフリができる。

まあでもフリだから、またある時ふわっと浮上してくる。
これはどうやら一生続くらしい。笑

この問題と向き合うのは結構エネルギーがいる。
めんどくさいし、逃げたくなるし、
辛い時もあるけど、向き合わないと
「ちゃんと生きた」
感じがしないんじゃないかなと思っている。

山ちゃんの話を色々聞かせてもらうと、
やりたいことは実はもう明確だった。

バンドで海外ツアーにあちこち行って、
カルチャーの一つとしてのヴィーガン料理を体感している山ちゃん。

温厚な人柄とは真逆の
パワフルさを見せてくれるライブ。
アキレス腱切ったことあるくらい激しい。

 

もっと楽しく。もっとカッコよく。
気軽にヴィーガン料理を楽しめるように。

そんな願いがしっかりあって、

「それが日本で出来るのは自分だけ」
と言い切ったやまちゃんにズギューン!!と2人で痺れた。笑

山ちゃんは好きな海外アーティストのツアーに同行して、
専属の料理人がしたいそうです。

へーそうなんだー!いーじゃーん
ぴったりー!
でもそれ言っておいてもらえないとわかんないよね〜

ツアー中ずっとやまちゃんの料理が食べられたら、
いい演奏できそうだよなぁー 

音楽をずっとやってきた山ちゃんだからこそ、
ミュージシャンに寄り添った料理ができるんだろうなー

そして今後は、
パンクで楽しいお料理動画を配信してくれるらしい。
それって英語でやるのかな?
英語の勉強も一緒にできたら尚良いね♪
見たい!絶対見たいよ!
とりあえず今月中に一本スタート。

待ってまーす!



とにかくはじまりは、
こういうことをやりたいんだ、と言う。
人に話す。発信する。
これは自分にとっての宣言にもなる。

それだけなんだけど、ここ結構、
固定概念が邪魔してくるところなんだよね。

こんなことできないよね
こんなこと言ったらなんて思われるかな
そもそもやり方が分からなすぎる、、、などなど

でも心の中で思ってても誰にも届かない。
周りは力になりたくてもなれない。
本当は力になりたくて仕方がない。

こう!と言っておいてもらえたら、
「あ、やまちゃんにこの人紹介したらよいかも〜」
と勝手にやまちゃんのことを好きな人が動いちゃう 笑


まず
自分の中でやりたいことをクリアにする。

そのことを言う、誰かにやり方を聞いてみる。

自分にも言い聞かせてることになるから
精度の高いアンテナが立って情報が集まる。
それを聞いた人が話を持ってきてくれる。
誰かを紹介してくれる。

いまやれることをいっこいっこやっていく。


これの繰り返しだわな!

と思ったわけです。

これに終わりはないんだ。


今日の注目すべきポイントは
まず、とにかく言うってこと。

つまりオーダーですね。

料理のオーダーしてないのに、
まだこないなぁー
お腹すいたなぁーって
テーブルで待ってるのと同じ。笑

それじゃあご飯こないわ〜
ちゃんと注文してから待ってね。

いやほんとにそうよねーと、
私たちも噛み締めました。


イメージは、
懐かしきビストロスマップの

チリンチリンチリン!


「オーダー!海老を使った料理〜!」


みたいにさ、指示してくれないとシェフは料理つくれないの 笑
中居くんのあの一声が重要なの。



だから
何がしたいのか、
ちゃんとオーダーしよう
って話でした。



突然ですが、アマングもオーダー!


「海外にお店をつくる!まずはタイ!」
「世界の天然石でアクセサリーを作る!まずはピアス」


いやーこういうあてもない未来を創造していくのが面白いのに、
すっかりつまんない思考になってしまっていた、、、

危なー

あてもない目標はやり方が分からないからワクワクする。
どんな方法でどんな出会いでたどり着けるのか今は分からない。

オーダーする時のポイントは、
どうしたらそれを達成できるかとか、
これがあればできるとか、


一旦無視!笑


できない言い訳を探さない。
それは変化したくない言い訳。


そして、自分の小さな小さな経験やアイデアの中から
目的地にたどり着こうとしないこと。

全部自分でやろうとしないこと。
人の力を借りる。

人の力を借りないで、自分でなんとかしなさい、
っていつのまにか教えてこられたような気がするけど、、、

それだと上限すぐきちゃうんだけど!笑

まずは、一人ではできないことを知ること。
もちろんできることはやる。

バカみたいとか、
もっと現実的に考えなよ、
とか言う人には近づかなくていい。

いいじゃん、いいじゃん!やろうよ!
と言ってくれる人が、実はたーくさんいる。

まず心が折れないように、
最初に誰に話すかは大事かもね(^^)

やりたいことは
なんでもやってみよう!



ではまたー!



AMONG 金子桃子

コメントを残す

コメントは承認され次第、表示されます。